アロマテラピーで冷え性を改善しましょう。バスタイムに、ヒマラヤソルトと精油の合わせ技で改善します。

寒い冬の夜…手足の指がかじかんで眠れない…なんてことはありませんか?

女性に多い冷え性…最近は、寒い冬に冷えるのは当たり前、春夏でもクーラーが効いた室内で寒い、とか、上手に体温調節して、上手に汗がかけない、という複雑な冷えに関するお悩みもよく耳にします。

だけど、冷え性で、内科を受診する…お医者さんに診て貰う…なんて聞いたことがありませんよね。身近でありながら、どうやって治したらいいか分からない冷え性、アロマテラピーで改善しましょう。

精油には、様々な種類があり、リラックス効果だけでなく、身体を温めてくれる精油もあります。

また、寒さで凝り固まった身体を緩めてくれる精油もあります。香りで癒され、身体、心まで解されて、バスタイムに冷え性を改善するのはいかがでしょうか。

お風呂の中に、ヒマラヤソルトを入れて、温まりながら、ローズマリーやクラリセージ、スイートマージョラムなどの、温めて緊張を解してくれる精油を数滴、ブレンドしてバスタブに垂らして下さい。

一回で、ポカポカと温まるのが分かるでしょう。

そして、いつもより深く眠れるのも、翌朝の目覚めで実感するはずです。

そして、精油の瓶を一本買ったら、是非、ヒマラヤソルトと併せて、続けてみて下さい。

繰り返すほどに、内側から温められて、冷えにくい体質に改善されるのが実感されると思います。

精油は、100%天然のものを使います。

合成香料が入ったものは使わないで下さい。

日本では、生活の木などで、一本630円から、手に入るので、是非試してみて下さい。

あなたの冷え性が、改善されますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください